リノベーションの流れ

Renovation-Flow

①物件探しからはじめる方

01

ヒアリング

まず、お客様のご要望を詳しくお聞きいたします。
ご希望のエリアや物件の広さ、築年数など、またリノベーションにおいて実現したいお客様のライフスタイルやご希望についてお聞かせください。

02

資金計画

不動産を探している間、資金の準備についても計画してゆきます。住宅ローンを組んで計画を希望される場合には、住宅ローンのご紹介をさせていただきます。提携の住宅ローンもご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

03

物件探し

ヒアリングを元に物件探しを行います。
物件が見つかりましたら随時ご提案をいたします。
不動産を検討する期間はケースバイケースですが、ご提案から売買契約・引渡しまでスタッフがサポートいたします。

②物件購入済みの方・③お住まい中の住居が対象の方はここから

04

事前調査

いい物件が見つかりましたら、一緒に物件を調査し、建物上の瑕痂がないか、またリノベーションをする上で設備や構造ががどうなっているかを確認します。
物件購入済みの方、現在住まわれている方も、まずは現状がどうなっているかを調査させていただきます。構造の内部まで調査を行い、調査結果をもとにプランをご提案いたします。

不動産のフロー

01

不動産買い付け

物件購入の意思が決まったら、買付証明書を提出します。
これは不動産物件の購入希望者が特定または不特定の第三者にあて、その意思があると文書により表明することです。

02

ローンの事前調査

ローンを利用する場合は、不動産を購入する前に仮審査をおこないます。

03

不動産売買契約

重要事項の説明を宅地建物取引主任者から受けたうえで、売買契約をします。
その際、手付金・仲介手数料・印紙代などのご準備が必要です。

04

本審査

不動産の契約書を銀行に提出し、住宅ローン審査を行います。万が一本審査に通らなかった場合は、不動産の売買契約を無効にすることができます。

05

金消契約・決済

金銭消費貸借契約、通称金消契約とは、金融機関と締結する住宅ローンの借り入れについての契約のことを言います。主に銀行で行われ、司法書士の立ち会いのもと不動産売買金額の清算をし、物件の引き渡しを受けます。

設計のフロー

01

ラフプラン提案

お客様からヒアリングした思いを反映したラフプランを作成します。

02

設計請負契約

ラフプランでご提案した内容をもとにさらに詳細な設計に進んでいくために、設計契約をいたします。

03

ショールーム見学

キッチンや浴室のショールームなどをめぐり、実際の素材や色味・使い勝手を確認します。
もちろんスタッフも同行し、仕様選びのお手伝いをします。

04

プラン・仕様打ち合わせ

設計図を元に詳細な打ち合わせを行います。またCGイメージを作成し、完成時のイメージを確認します。何度か打ち合わせを行い、プランと仕様、見積りのすり合わせを行います。

05

工事請負契約

最終的な工程表、図面、仕上げの選定が完了し、見積もり金額が確定しましたら工事請負契約を行います。契約時にはご印鑑のご準備が必要です。

06

工事着工前準備

工事開始前に近隣の皆様への挨拶などを行います。
私たちは設計・施工を一貫して監理しておりますので工事が完了するまですべて私たちがサポートいたします。

07

工事着工

工事が開始されると定期的に私たちからお客様へ途中経過のご説明や、状況報告を行う現地打ち合わせを実施します。

08

社内(施主)検査

完了前の社内検査は社員全員で現地を確認し、工事の精度を確かめます。
また、お施主様にも、現地にて工事の質に問題が無いか、図面通りに施工しているか、イメージ通りかなどを確認していただきます。

09

工事完了・お引き渡し

検査での是正事項を全てチェックし、お引き渡しを行います。引渡し時には、設備機器の取り扱い説明や保証書の発行を行います。

10

アフターサービス

お引き渡しを行った後も、コールセンターにより住まいのサポートを行います。暮らしに関する相談があれば、どうぞお気軽にお申し付けください。



お問合わせはこちら

TEL. 0120-46-0061

営業時間 9:00~17:00(定休日 水曜日)