四季工房のQUALITY

オーダーメイドの注文住宅を 確かな品質でお届けします。

全棟長期優良住宅 認定取得!

【 長期優良住宅とは】

長期優良住宅とは、住宅を長きに渡り住まい続けることで環境負担・国民の住宅建て替え費用の軽減を目的とした国土交通省が定める「長期優良住宅の住宅性能基準値」を満たした認定住宅のことです。
環境や人にやさしく、より豊かな暮らしへの転換を図り、長く安心して住まえる住宅です。

各国住宅建替え時の築年数比較

〈資料〉
日本:住宅・土地統計調査(平成15年・平成20年)
アメリカ:American Housing Survey(平成18年・平成22年)
イギリス:Housing and Construction Statistics(平成13年・平成18年)

住宅の資産価値

建物の資産価値は20年後には無くなり、土地の価値しか残らないと言われていますが、 まだ住宅ローンは残っている状態です。


住宅を長持ちさせるための7つの認定基準

これらを満たすことで『長期優良住宅』となる

劣化対策 数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できる。
(住宅性能表示制度の劣化の軽減<等級3>以上)
※通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置。
耐震性 建築基準法レベルの1.25倍の地震にも倒壊しない。
(住宅性能表示制度の耐震<等級2>以上)
※免震建築物による場合 住宅品確法に定める免震建築物であること。
維持管理・更新の容易性 構造躯体に比べ耐用年数が短い設備の維持管理が容易 (住宅性能表示制度の維持管理対策<等級3>)
可変性 居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。
バリアフリー性 将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
省エネルギー性 次世代省エネルギー基準に対応している
(住宅性能表示制度の温熱環境<等級4>)
居住環境 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
住戸面積 良好な居住水準を確保するために必要な規模(戸建75㎡以上)を有すること。
維持保全計画 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されている。
※少なくとも10年ごとに定期点検する。
最も重要な4つの認定基準(等級基準)

長期優良住宅のメリット① 税制・資産価値

【税制優遇】
【資産価値の比較】

一般の住宅は20年間で資産価値ゼロになりますが、長期優良住宅で建て住宅履歴情報を保存し、メンテナンスをきちんとすることで、25年後時点では、住宅の資産価値は35%程度と不動産業界で言われています。
その後も、資産価値は低下はしますがメンテナンスをしっかりと行うことで、長い間資産価値が継続します。

長期優良住宅のメリット② 金利優遇

フラット35の金利が、更に低く

フラット35は、住宅金融支援機構と民間金融支援機構提携の長期固定金利の住宅ローンです。
低金利かつ、金利変動がない安心感により、多くの方が利用しています。

毎月返済額、総返済額の試算

- 【フラット35】(一般住宅) 【フラット35】(長期優良住宅)
借入金利 全期間 年1.10% 当初10年間 11年目以降
年0.08%
年1.10%
月々の返済額 86,091年 81,981年 84,930年
総返済額 3,615万円 3,531万円 (84万円もお得!)

【試算例】借入額3,000万円(融資9割以下)、借入期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし、借入金利1.10%の場合

半永久的に効果が持続する防腐防蟻処理!

四季工房の家は、
ホウ酸 ボロンdeガード と Joto基礎パッキング工法 の
『W白蟻保証』 で、
白アリから住宅を守ります‼

● 白蟻は木造住宅の大敵!

木造住宅は、“木材”という自然の恵みを構造に利用して建てられる住宅です。「木の家に住みたい」という憧れ、環境への負荷が少ないことなどがあります。しかし、木造住宅には弱点もあります。腐れとシロアリです。これらをきちんと制御しないと、住宅の寿命が短くなってしまいます。“木造住宅を長生きさせる”ための工夫が必須になります。

● ホウ酸による白蟻対策

木材を腐れやシロアリ、キクイムシなどから守る薬剤を「木材保存剤」と呼びます。
ホウ酸も木材保存剤です。ホウ酸はこれまでの薬剤と比べて、「安全」であり「効果が長期間持続」するという特長があります。

ホウ酸は、分解や揮発することが無いので効果が低下しにくい。
合成殺虫剤(農薬)は3~5年で効果が無くなる。

● Jotoキソパッキング工法

Jotoキソパッキング工法は、床下全域の湿気を排湿し、湿気が溜まりにくい床下環境をつくることで土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけない良好な環境をつくることができます。

土台がコンクリートに接すると、腐りやすくなりシロアリの餌食となります。
基礎と土台の間にキソパッキンを設置するだけで、腐る原因をなくし、シロアリが生息しにくい床下環境をつくります。

Jotoキソパッキング工法

キソパッキング工法の床下全周換気では、従来の換気孔に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮。断熱材の性能を維持し、土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せ付けにくい環境をつくります。

● W白蟻保証!

ホウ酸処理による保証と、Jotoキソパッキング工法による保証があります。
それぞれ保証期間と保証金額が異なります。

ホウ酸による【保証制度の概要】

  • 保証の内容:最高300万円までの修復費用を補償
  • 保証期間:15年
Joro基礎パッキング工法による
【保証制度の概要】
  • 保証の内容:最高500万円までの修復費用を補償
  • 保証期間:10年

壁体内無結露20年保証!

● 壁の中の水滴、意識したことがありますか?

冬の朝、窓にびっしり張り付いた水滴、いわゆる結露はとてもやっかいなものです。それと同じことが、実は壁の中でも起こっているのです。 壁の中に発生した水滴は、カビや木材の腐食、健康被害などの問題を発生させます。 拭きとることもできない壁の中の結露は、発生させないことが一番大切なのです。


断熱材にこだわる理由

断熱材と言うと暑さ寒さ対策とだけ考えてしまいますが、他にも重要な部分があります。 暑さ・寒さをコントロールできない場合は、壁体内結露に影響し、家のコンディションにも関わってきます。 四季工房の家は「呼吸する家」です。 優れた断熱材を使用し、その性能を十分に発揮できるよう、家の構造自体にも風と空気と通り道を設けます。 このような工夫により、暑さ寒さに家自体が対応していく、生きた家を作りあげていきます。

四季工房の家は四季の気候に適応し、防音や耐火性能に優れ、壁体内結露をも防止します。

壁内結露を発生させない断熱材 セルロースファイバー

セルロースファイバーは木質せん維を主原料とし、防熱・撥水性能を付加した建築用断熱素材です。
優れた吸放湿性により、壁内に現れた結露未満の水分はセルロースファイバーに吸収されます。とりこまれた水分は内部へ拡散してしまい、調湿を繰り返している内に水滴として現れるのを防ぐことが出来ます。

● 安心の20年保証

四季工房はお客様の快適な生活の為に、効果の高い断熱材と工法を標準仕様にしております。

壁体内結露に関しては安心の、「無結露20年の保証」をお付けしております。