木工作教室

WOOD WORKING

なぜ木工作教室?

家を建てるとき、現場ではたくさんの廃材が処分されています。
完成した住宅に使われた木材はいいけれど、この廃材は同じ生きている木からつくられたのに捨てられてしまう、
何か使い道はないかな?というリサイクル思考から生まれました。

木に触れ、木の良さを感じてみませんか?

「木」は生きている・・・
木と接している時に、なんとなく気持ちが落ち着く、これは木も人も生きているものだからかもしれません。
人のそばに木をおいて「休」と書きます。恵まれた森林資源ととおもに生き続けてきた私たち日本人は、古くから木の家に住み、木の道具を使ってきました。
手のひらや素足で触れた時の木のぬくもりに懐かしさ、優しさを覚えるのは古来からの日本人独特の生活文化のせいかもしれません。

地域の子どもは地域の宝

四季工房の木工作教室は子ども達に作り方を指導するのではなく、子ども達が自分で考え「世界に一つしか無い作品を自分で自由につくることを体験して欲しい!」という思いで活動しています。
自分の気持ちを言葉で伝えることが不慣れな子ども達にとって、とても大切な自己表現の方法として、たくさんの保育園・幼稚園・グループの方からお声をかけていただいています。
他にも木に触れ、木のよさを感じたり、のこぎりなどの道具の使い方を学んだりと、様々な経験ができる木工作教室になっています。

木工作教室開催についてのご相談は

Tel:0120-46-0061

メールでのお問い合わせはこちら